人気ブログランキング |
2012年 04月 25日 ( 2 )
宇宙人捕獲写真 実は偽物と判明
私が小学生の頃、大好きだった「囚われの宇宙人」は実は合成写真と判明したそう。でも宇宙人、どこかにいると信じてますけど。

b0085736_23385248.jpg

宇宙人が地球に来ている証拠とされるものは数々あるが、中でも有名なのが、トレンチコート姿の諜報部員と思われる2人の男性に、サルのような宇宙人が手を引かれている写真だ。捕獲後に解体され、標本はどこかに眠っているなどと噂されたが、実は「合成写真」だった、というニュースが流れた。
これを報じたのは超常現象写真や出来事のウソを暴くドイツの「forgetomori」というサイト。エイプリルフール用に作ったものだ、と内実をばらしている。
エイプリルフール用の特集記事に掲載された
「火星から人!」というタイトルで特集が組まれたのは独の週刊誌「Neue Illustrierte」の1950年3月29日号。この号には、大型で光を放つ円盤型の宇宙船や、火星と思われる場所を走っている生き物、そして、ここ何十年も宇宙人が地球に来ている証拠として取り上げられてきた「宇宙人捕獲」の場面が掲載されていた。
「forgetomori」が2012年4月22日に掲載した記事によれば、捕獲された身長70センチほどのサルに似ている宇宙人は、墜落した宇宙船に搭乗していたとして長く信じられてきたが、実は、この特集はエイプリルフール用に作られたもので、宇宙人捕獲の写真も、様々な写真を合成して掲載したことがわかった。写真が掲載された次の50年4月5日号で、こうした一連の「種明かし」が行われていたからだ、と同サイトは伝えている。
「サルの形やグレータイプも宇宙人ではありません」
この「宇宙人捕獲」の写真を本物だと信じていた、または信じたかった人はかなりいたようだ。ネットでは「夢を壊すような記事を出すな!」「写真は本物だが何かの圧力でニセモノと書かせたんだ」などといった意見が出ている。
by fancy824 | 2012-04-25 23:40 | 趣味
北欧雑貨スウェーデンの幸せを呼ぶ 「ダーラナホース」
オリンピックでなでしこジャパンが対戦するスウェーデンには素敵な雑貨がたくさんあります。最近、入手した「ダーラナホース」について...

b0085736_9104343.jpg



スウェーデン伝統の民芸品 ダーラナホース(スウェーデンの木の馬)とは

スウェーデンのシンボルといわれている手工芸品のダーラナホース(スウェーデンの木の馬)は、18世紀の始め頃、木こりの人たちが仕事が終わった後に遊び半分に作った木彫りの馬が始まりといわれています。
スウェーデンの冬は日照時間が短いので、木こり達は仕事を早く終えストーブの前に座り、雑談をしながら、材木の切れ端で木彫りの馬をよく作りました。
当時は子供のおもちゃにいろいろな動物を作りましたが、特に馬が多く彫られました。
馬は冬の間、重い材木を森から運び出す大切な役割をもっており、森や畑でも人々に従順な動物としてとても重宝にされ愛されていたため、彼らにとってかけがえのない存在でした。

その後この木彫りの馬は、子供達のおもちゃとして自然に定着していき、赤く色が塗られるようになったのは19世紀になってから。銅で塗られた赤いものが始まりで今ではいろいろなカラーで色づけされています。ダーラナホース(スウェーデンの木の馬)の一般的な模様は18世紀のクルビッツ塗りが原型となっており、現在の花柄のような模様は熟練のペインターさんにより2色の一筆描きで見事に描かれています。

子供のおもちゃとしてかかせないものとなったダーラナホース(スウェーデンの木の馬)は人気が定着するにつれ、冬だけでなく、年間を通じて作られるようになっていきました。ダーラナホース(スウェーデンの木の馬)はいつの間にかムーラ周辺の村の名物となり、20世紀にはダーラナ地方の新しい産業へと発展していきました。
始めの頃は斧で原木を切り出していたため、1つ1つの馬はサイズや形のばらつきがありましたが、1920年頃に帯ノコで板状の木材を同じ大きさの馬の形に切り取っていくことができるようになり、寸法と形が一定した馬を職人さんが手彫りでダーラナホース(スウェーデンの木の馬)に仕上げていくようになりました。

現在はダーラナ地方に工房があり、職人さん達により一つ一つ手作りされています。
最も有名な工房はオルソン兄弟の工房で、1928年に15歳のニルス少年と13歳のジャニス兄弟が木彫りを始めたのがスタートでした。
兄弟の工房は現在もシリアン湖周辺にあり、伝統を守り続けています。

1939年にニューヨークで行われた"国際見本市"でダーラナホース(スウェーデンの木の馬)は紹介され脚光を浴び、その後世界的に知られるスウェーデンの民芸品になりました。
スウェーデンパインを伐採し、木馬形に削られたものを2~3週間乾燥させ、水性塗料を塗った後、サンドペーパーで磨き上げ、再度塗料を塗り、油性絵の具で模様が描かれ、最後にニスで全体をコーティングします。なんと完成までに1ヶ月以上の時間がかかっています。
模様付けも手作業で職人さんが描きます。あっという間に複雑な模様が見事に描かれます。
基本的な色あわせや模様は統一されていますが、まったく同じものは二つとないところが手作りの魅力です。 

ダーラナホース(スウェーデンの木の馬)にはスウェーデンの厳しい冬の寒さに耐えながら育った樹木の強さと、美しい自然、人々の温かさが感じられます。
”幸せを運んでくれる馬”と言われ愛され続けています。
b0085736_23422582.jpg

by fancy824 | 2012-04-25 08:41 | 趣味



なんでもござれの日々日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
GWは 三浦半島へ。
from まいにちの、こと。
北京オリンピック
from ZION
■□■  可愛い♪がいっ..
from Wonderful sens..
■□■  アロアワナ眺め..
from Wonderful sens..
■□■ 可愛い飼い猫さん..
from Wonderful sens..
■□■ おユぴちょんくん..
from Wonderful sens..
早~く来い来い!キリン...
from espoir 希望
ペコチャンがんばって♪
from espoir 希望
キリンさんありがとう!
from ミコノスな猫
我が家のペコちゃんは変わ..
from 笑う生活は紫色
ライフログ
検索
タグ
(3)
(2)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧