人気ブログランキング |
男子バレーが金メダルをとる日 再び!!

この懐かしい記事が、また次のオリンピックで
再現できるような試合を
2009年6月17日に日本の男子バレーが
行ないました。この数年、いや数十年、
勝てなかったブルガリアに「ワールドリーグ1次リーグC組」の試合で3-1で勝利。




1972年ミュンヘンオリンピック
「男子バレーボール 初の金メダル」

b0085736_6591361.jpg

日本は東独を3-1で破り初優勝。第1セット、東独のスパイクを木村、深尾、横田選手の
3枚ブロックでストップ。

日本-東ドイツの男子バレーボール決勝は、日本が3-1で勝ち、宿願の初優勝を遂げた。

オリンピックでの優勝、これまで取れそうでなかなか取れなかった金メダル――日本の男子バレー関係者が長い間、描き続けてきた夢がようやく実現した。東京大会で銅メダルを取ってから8年、日本の男子が世界のバレー界に初めて登場したのは、1960年の第4回世界選手権。その時点から数えれば12年ぶりの宿願達成だった。

「ニッポン、チャチャチャ。ニッポン、チャチャチャ」――応援団の手拍子が調子づいたのは第2セットの快進撃から。

試合前「おれたちはきのう(対ブルガリア戦)死んだんだ。今日は自殺しようと思っても死ねないんだから楽にいけ」と指示していた松平監督は、第1 セットをとられて「さあ堅さが取れたはずだ。エンジンをかけるんだ」と選手たちをはげます一方、南を繰り出してブロックを強化。ようやく猫田が長いトス、平行トスなどを使い分け、強打とフェイント、二段攻撃など変化攻撃に成功、ブルガリア戦で腰を痛めた横田も時間差攻撃で東独陣を脅かす。

2-1で迎えた第4セットも5-8から立ち直って10-8と逆転、一歩一歩優勝へ近づいていった。勝利目前、1ポイントをあげるごとに、コートの6 選手が肩をたたきあってかけ回る。大古のブロックで12-10、森田のスパイクが決まって13点目。選手が互いに抱き合い、もうまるで勝負がついたのかと錯覚を起こしそう。

シューマンのスパイクがサイドラインをわって、日本の金メダルが決まった。館内が「ワーッ」とわく。応援団がコートへはいろうとして一部で混乱が起きた。女子チームのメンバーは、この光景を見やって複雑な表情。松村主将に声をかけると、「勝ちたかった。女子も」と。そこまでいって涙をおさえた。
(1976年9月9日)
by fancy824 | 2009-06-22 06:59 | スポーツ
<< 日本一のバーテンダーの居る店 ... 上野科学博物館恐竜展、常設展へ >>



なんでもござれの日々日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
GWは 三浦半島へ。
from まいにちの、こと。
北京オリンピック
from ZION
■□■  可愛い♪がいっ..
from Wonderful sens..
■□■  アロアワナ眺め..
from Wonderful sens..
■□■ 可愛い飼い猫さん..
from Wonderful sens..
■□■ おユぴちょんくん..
from Wonderful sens..
早~く来い来い!キリン...
from espoir 希望
ペコチャンがんばって♪
from espoir 希望
キリンさんありがとう!
from ミコノスな猫
我が家のペコちゃんは変わ..
from 笑う生活は紫色
ライフログ
検索
タグ
(3)
(2)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧